βテスト徘徊記録

新作のβテストやらのネットゲームのレビュー兼日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

若さ 若さってなんだ

無題


振り向かないこーとーさー

連日の猛暑のなか、三国志online楽しんでいらっしゃるでしょうか
先日のアップデートは、私的には結構高評価です。
特に、全てのクエストでの報酬経験値が倍増したのは
評価すべきことだと思います。
(出来れば今までにクリアしたクエスト分の経験値もほしーなーとか
 思ったり思わなかったりですが


特に裏石林に関しては
道中の雑魚戦、ボスといい高難易度の言葉に相応しい作りで
いまだにクリア報告がないくらいの難度になっていました。

てことで、今回はそんな裏石林のボスまでのルートを紹介

まずは序盤、
ちず

中央の「ス」から始まる。
中央広場のボ(ボス)までへの道は結界で封じられており
現時点ではボスを視認することすらできない。

ということで、進路を南に進めるのだが
道には見慣れない緑のガスが充満している。
このガス(瘴気)は触れている間、毎秒60のDotダメージと
気力回復が低下するデバフをプレイヤーに与えてくる。
この毎秒60のDotダメは侮れない威力で、HPの低い皮装備であれば
30秒も触れていればそのまま昇天できる。
また、気力回復低下もなかなかにいやらしく
痛覚麻痺等の対策をしなければ、すぐに気力が枯渇してしまう。

そんな凶悪な瘴気地帯に入ると
uho.jpg
と、NPCの発言が現れる。
この瞬間から黄石公の周辺の敵が黄石公を攻撃し始める。
もちろん、黄石公が死んでしまうと探索失敗となってしまうので
最初にすべきことは、黄石公の救出となる。

しかし、この黄石公の救出自体がPD攻略の大きな壁。
周辺には、妖術系MOBが4~6体と6~8体の子鬼がいるのだが
こいつらが異様に強い。
子鬼は異常に素早い上に、突進豪撃などの行動不能系の技能を
使用してくる。
また、素の攻撃力自体が非常に高いので
防御以外では、タイマンですら秒殺されてしまうほどだ。
また、門弟(妖術士)も火力が非常に高く
なおかつ、使用する技能のDotダメージが200~300
非常に高く設定されている。
そんなMOBが一斉にリンクして襲ってくるので
いくら盾であろうと、簡単に蒸発してしまう。
また、黄石公はNPCとは思えないほどか弱く
ほおっておけば、1~2分程度で死んでしまう

なんとか、黄石公を救出すると、
道をふさいでいた結界が消え、さらに先に進むことができる。

この先は、近づくと伏兵の子鬼が出現するのだが
最初の関門をクリアした連合ならば
ここでつまづくことはないだろう。

その後は4-3方面の広場にいる中ボスを目指すことになる。
この中ボスは、被攻撃時に一定の確率で
下僕である幽霊を召喚する特殊能力があるのだが
回りの門弟と同じように一体一体処理していけば
さほど苦労することなく討伐できるはずだ。

この中ボスを倒すことで、ようやく2体のボスまでの道が開ける。

初期位置側に近いボスには
妖術型のボスが設置されている。
このボスは、瞬間発動混乱があるとか
無理ゲーとか言われているが、
詳しいことはまだ知らない。

北側には
勇さy
のような見た目の祝融神の勇者がいる。
道中には、人間型のMOBが比較的大量に配置されているが
これも無駄にリンクさせずに丁寧に処理していけば
難なく突破できるはずだ。

こちらのボスは、基本スペックはまだ不明瞭だが
周囲には10体前後のMOBが配置されている上
遠距離攻撃で釣ろうとしても
「奴らは逃げてばかりだ。配置に戻れ」
という旨の発言と同時に、処置位置に帰ってしまうので
一体一体処理していくことが不可能になっている。
つまり、ボス+大量のMOBを同時に相手しなければならないのだ。

無理

ということで、かなりの難度を誇る裏石林の攻略には
40制限の時の九尾くらいの時間をかけないと
攻略法は見つからなさそう。
スポンサーサイト

| 三国志Online | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://carassiusauratus.blog74.fc2.com/tb.php/152-e27cf2f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。