βテスト徘徊記録

新作のβテストやらのネットゲームのレビュー兼日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【信長】夜更かしはいかんね。特に日曜日は

体がダルい・・・

あまりのダルさと眠気のせいで、せっかく平日続いていた
更新も忘れて眠ってしまった。

これもそれも日曜日の深夜3時から
人取橋での狩りを始めたTOKUDAが悪い。
3時には寝るといったのに、ウィンドウショッピング(市司)に
付き合っていたら気付けば4時。
翌日は月曜、平日だし起床時間は6時半。
3時間睡眠、4時間睡眠は大丈夫だけれど流石に2時間はねぇ・・・?

そういえばBASARAは届きました。
随分と爽快感は増したと思う。
ただ、ネタ要素というかお笑い要素は減ったかな?若干シリアル分多め。
無双系に比べると、MAPが狭い分敵が密集していて
移動時間が短くて済む。
映像も綺麗なので、結構オススメです。

そういや、スクエニとYahoo!が提携している
戦国IXA(イクサ)のオープンサービスが開始されてる。
ブラウザゲーには興味はないけど、暇つぶし程度にはなるかな?


img1.png

前回のあらすじ

蕾花さんハァハァ

そんなわけで、当初の目的だった

「松寿丸をあやす」

という、ワケの分からない依頼は終了したので
これで心おきなく稲富祐秀に借金の取立てをすることが出来る。
むしろ、途中で眠り薬やらでかかった費用も追加で徴収したいくらいですが。

糞親父「借金を返済しようにも、まだ国からの給料が出ていないのぅ
    いや?ワシとしても払いたいのだぞ?本当だぞ?
    今、使いを出しているから、しばし待たれよ
    ん?待ってられない?人取橋攻略したいと?
    では、他の用事をこなしてもらえぬか?
    用というのは、ある物を用意してもらいたいのだ。
    金がなくて火薬が作れなくてな、<<コウモリの糞>>があれば
    なんとか火薬を作れそうなのだが・・・」

オッサンは鉄砲家じゃなくて、鉄砲鍛冶・・・いや錬金術師になればいいと思うよ。
まぁ、材料採集でコウモリの糞は大量に余っている。サッサと持ってくるか。

文字通りの糞親父「おお、助かったぞ。
            しかし、まだ金は届かぬのぅ・・・・・・
            そうだ、おぬし橋本一巳殿の所に行ってくれぬか?
            文が届いたのだが、よもすれば火薬を高く買ってくれるやもしれぬぞ?
            橋本殿に「承知した」と伝えるだけの簡単な仕事です」

そんな刺身の上にタンポポを乗せる仕事みたいに言われても・・・
しかも、火薬を買ってくれるかもって
それさっきコウモリの糞から作ったまがい物だろ。

16.jpg

橋本一巳(はしもとかずみ)
織田信長が17の時に鉄砲術を教えた鉄砲家。
信長に鉄砲術を指南した後は、そのまま家臣として織田家に仕える。
割と現代でも同姓同名の名前の人はいる。


橋本一巳「稲富殿の使い?ほほぅ『承知した』と。
       いい度胸だ。ワシとの対決をこのような小娘に任せるとは
       とことん舐められた物だッ!」

23.jpg

あの糞親父ハメやがったな!
孫の面倒を人に押し付けた挙句、自分の果し合いを他人に押し付けるか!
戻ったら天地人の刑確定だわコレ。

橋本一巳「では、貴様の腕前を見せてもらおうか。
       この<<橋本の銃>>を貴様に預けよう。
       これを使って、<<疾風の鷹>>を倒して参れ。
       そしてその証拠として<<鷹の羽>>を持って来るのだ。」

自分の持ち物に、自分の名前をつけるとは・・・なんて几帳面な男・・・ゴクリ
そもそも、他人に自分の不都合を押し付けるような男になら
人間的に十分勝っているよ。と言ってあげたい。そして帰りたい。

そこから北に向かった所で、
預かった鉄砲を撃ってみたところ噂の疾風の鷹が現れた。
うーん、なんで出てくるかなー。別に他の鷹の羽で一向に構わないのに。

17.jpg

にしても、この鷹そこそこ強い。
そこまで攻撃力こそ高くないものの、高い回避と反撃持ち。
更に『目標補足』で攻撃と命中に△が付き、
詠唱なしの単体風術を使ってくる。

18.jpg

まぁ、天地人を覚え、九光丹を使用した私が負けることもなく
動物愛護団体に文句言われないかと心配になりながらも
橋本一巳に羽を渡してこよう。

橋本一巳「ふむ・・・やはりやりおるな。
       お主のような弟子を持つ稲富殿も器の大きい男なのだろうな・・・・」

それは気のせいだ。
稲富という男はそんな立派な男ではない。むしろ下衆。

とりあえず、目的は果たした
天地人をぶちかますために、糞親父のもとに戻ろう。

下衆親父「おお!戻ったか可愛い弟子よひでぶ!!」

オラさっさと金返せやコラ。
松寿丸の前だから1天地人で済ますが、本来なら驚天動地ノ閃だぞコラ。

下衆親父「す、済まぬ・・・
       ほれ、この通り金は返す・・・
       しかし、お主はいつまでもわしの弟子であべし!」

思わず二度目の天地人だけど気にしない。
たぶん死んではいないだろ、たぶん。

とりあえず、これで借金回収は終わった。
内裏御用達のところに戻るか・・・・・・
スポンサーサイト

| 信長 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://carassiusauratus.blog74.fc2.com/tb.php/262-cb72e240

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。